2017年09月26日

18SS新作ワンピース

昨日でサンモトヤマ銀座本店での18SS受注会が無事に終了しました。
お天気にも恵まれて、今回も沢山のオーダーを頂く事ができました。
ご来店くださった皆様ありがとうございました。

image1 (130).jpg


今回人気だったのがフラワープリントのロングワンピースと、コットンリネンの刺繍ワンピース。
どちらの生地も残り僅かで、特にロングワンピースのオーダー分は残り1着となりました。
まだご注文間に合いますので、気になる方はご連絡ください。

RIMG0022.jpg


RIMG0023.jpg


RIMG0031.jpg


RIMG0016.jpg

どのワンピースもフランス、イタリアの生地を贅沢に使用し、手作業で丁寧に仕立てられた一着です。

サンモトヤマ銀座本店も11月には銀座朝日ビルディングの立て替えが完了しグランドオープン。
今回のオーダー分は新サンモトヤマでの仮縫いになると思うと非常に楽しみです。

posted by D.I.T at 18:35| Creation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

レモンイエローのドレス


パーソナルメイクアドバイザー福井美余様の著書 "MAKE UP YOUR LIFE 綺麗の法則" の出版記念講演が開催されました。

そして、ファッションプロデューサーのしぎはらひろこ先生監修のも元、この日の為に福井様のイメージカラーのドレスを2着仕立てさせていただきました。

何度も東京で打合せ、仮縫いを繰り返し、世界に一つだけのドレスが完成しました。

o2000133513978213773.jpg

o2000133513978188506.jpg

o2000133513978183325.jpg

RIMG0031.jpg

ショルダーアクセサリーもイメージカラーのビーズで一から織り上げた特注品です。

RIMG0028.jpg

RIMG0019.jpg

posted by D.I.T at 18:57| Creation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

Dress making


自分はデザイン画があまり好きではないので、必要な時以外はほとんど描かずに、直接ボディにドレーピングをしながらデザインを考えていく事が多いです。

RIMG0030.jpg

トワルと呼ばれる仮の生地に鉛筆でラインを引きながら、余計な部分を鋏でカットし、少しずつ理想の形にしていきます。
平面の紙の上でデザインするのと違って、常に前後左右から立体的に見ることができるので、自由な発想でデザインすることが出来ます。自分はこのやり方が好きですし、仕事の中で一番楽しい時間かもしれません。

次の手順としては、大まかに組み上がったトワルを解体し、紙の上にトレースします。
ここで、ラインを整えたり、寸法を調整したりしながら型紙を作っていきます。

RIMG0043.jpg

もう一度 トワルで組み直し、平面と立体で微調整を繰り返した上で最終的な型紙が出来上がります。
それが完了したら、本生地で裁断に入ります。
今回のドレスはシルクサテンで製作する予定。どんなドレスが出来上がるか楽しみです。

RIMG0035.jpg




posted by D.I.T at 20:31| Creation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

2014.11.29



IMG_9858.jpg





IMG_0058.jpg





IMG_0078.jpg


Dress - 011
Alpaca Syaggy Coat (Dress in Tailor)

Photographer : Sa sya
Model : Alina

posted by D.I.T at 13:18| Creation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

シャンパンゴールドのドレスワンピース


2012-13秋冬の展示会、オーダー会も無事に全て終了しました。お越し下さった皆様、ご注文くださったお客様、ありがとうございました。

今回お客様よりオーダーいただいたドレスワンピースを少しだけご紹介させていただきます。

シルクサテンのドレスワンピース、カラーはシャンパンゴールド。
RIMG0136.jpg


RIMG0141.jpg

ドレスは非常にシンプルなデザインですが、その分 首もとに大振りなアクセサリーを合わせると とっても素敵です。(Bijou-001 琥珀色シャンデリアネックレス)



裾裏の始末
RIMG0148.jpg

細かい部分ですが、裾裏はパイピング始末で千鳥がけです。(画像では糸と生地の色が同色なので、見えにくいですね、、)
裾の始末はルイスミシン(すくい縫い)が一般的ですが、裏無しのロングドレスの場合、歩いている時に折り返した縫い代に、ヒールの踵が入り込み ひっかかってしまう事があるので、それを防ぐために千鳥で伏せてあります。

千鳥がけは手縫いで糸を交差させながら、一針づつ かがっていくので、非常に時間がかかります。
手縫いなので機械の様に均一な仕上がりではないですが、手作業に温かみのある仕上がりと柔らかさが感じられます。


現在は今期からスタートしたプレタラインの生産と、クチュールラインの顧客様オーダー分の製作に日々追われています。納品は8月末から9月を予定しております。お時間かかりますが、もうしばらくお待ちください。


posted by D.I.T at 23:44| Creation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする