2011年11月06日

アンティークビーズ

季節はすっかり秋ですね。
ふとカレンダーを見返すと、二ヶ月以上まともに休んでいない事に気づきました、、
さすがに働き過ぎな気もしますが、毎日服作りに励める環境を今はありがたく感じます。

日々服作りに向き合う中で、巧くいかずに頭を抱えて苦しむことも頻繁にありますが、そんな事も含めてデザインからパターン、縫製まで、自分は服作りが本当に好きなんだなと実感します。 

さて、16日からの西宮阪急での受注会まで後残りわずかです、今は受注会用のウェディングドレスを縫っているところです。
ほぼ完成して後はビーズ刺繍を残すのみ!

RIMG0055.jpg

こちらの刺繍にはベルギーで見つけてきたアンティークのビーズを使用しています。正確な年代は不明ですが、1900年初頭までに生産されたものだと思われます。
現行品のビーズとは生産方法が異なる為、色や形が均一ではなく、形がいびつです。その為一つ一つの光の反射の仕方が異なり、煌めき方が複雑で素敵です。また色合いも長い年月を経た色あせや色素沈着により、あじわいを感じます。

RIMG0043.jpg

それに合わせて首飾りも。
RIMG0051.jpg

RIMG0053.jpg

全てアンティークビーズを使用した贅沢な一品です!!

ビーズ刺繍は一度始めると、どこまでが終わりなのかわからなくなり、エンドレスに続いてしまう事があります。
今日は朝までビーズと格闘することになりそうです、、。
posted by D.I.T at 03:00| Creation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする